100%米国株投資

米国株で早期リタイアを目指します

さよならFX、全クローズでマイナス100万

FXスワップ離脱中&米国株インデックス積立&CFDサルトレ短期売買投資のH2です。

米国株市場は大きく下落しましたね。
昨日から少し戻していますが…、CFD口座は一時評価損が-50万ほど、現在も-20万ほどです。

コロナショックの時は-200万くらいの評価損でしたし、こんなものは何でもありません。

 

さよなら、FX。青春と負債をありがとう

 

ところで。

2006年ころから始めた、FX。

ここ数年は「FXをやるやつはバカ」と考えるようになり、バカだったころの負債をCFDの利益で相殺する状況でした。

で。

本日、残っていたセントラル短資外為どっとコムのFX口座を全て手仕舞いしました。

セン短はトントン、外為コムで90万ほど、まぁ100万弱のロスカットでした。

f:id:oh2ho:20210623175247p:plain

セントラル短資決済

※上記はセン短の決済後※

f:id:oh2ho:20210623175332p:plain

外為どっとコムポジション

※上記は外為の決済前ポジ状況※

 

FXのロスカットはゆるゆるとやっていたのですが、今日、久々ログインして眺める内に、「今日、全て片付けよう」と思い立ち、全てCloseしました。

f:id:oh2ho:20210623175401p:plain

外為どっとコム全決済後

 

理由は

  1. CFDで数年利益がだせており、FX手仕舞いのマイナス100万も向こう3年で相殺できると思ったこと
  2. トルコはまだ下落するかも知れないこと(と言うか、下がる確率の方が高そうなこと)
  3. せいぜい100万だろ、ってこと
  4. 保証金として二社に入れていた資金が、ロスカット完了後も合計100万ほど残るので、これを無駄なく利用したくなったこと

です。

FXとCFDの損益は確定申告で相殺できる

1.ですが、FX(為替)の損益とCFD(株)の損益は確定申告の際に合算できます。

だからこそ、ここ数年「CFDの利益」と「FXの損失」を相殺して確定申告してきた訳ですが。

損失は向う3年間、繰り延べできる

また、確定申告で損失を計上すれば、向こう3年、利益がでても繰り延べ計上した損失と相殺できます。

取らぬ狸のなんとやら、ですが、おそらく3年の間にCFDで100万以上の利益はだせるだろう、との判断です。

100万がフリーになる

そして決めては4.でした。

手仕舞いによる損失額を除いた後も、保証金として預けている資金が100万ほど残ります。

 

 

逆に言えば、手仕舞いしないと、こんなクソポジのために無駄に100万が拘束されていることになります。

何も生み出さないクソポジですので、決断しました。

ちなみに100万以上の手動ロスカットはFXで何度もやっているので、特になんとも思いません。

 

 

(懐古厨と言われそうですが)リーマンショック時のFXで強制ロスカット500万が一番大きい痛手でした。
それでも2・3日で立ち直っていたので、「リアルなお札」を見ていない、画面上の数字遊びで実感がないのかも知れません。

普段、現実での買い物で5万も払えば「高いなぁ」と思うんですからね。

損失額より、一抹の寂しさがある問題

古いポジションでは2009年から建てたものでした。

ドル円(USD/JPY)は90円台でロングしたポジションとか、キウイ(NZD/JPY)は40円台でロングしたポジションもあり、これは今では絶対買えないレートポジションでした。

けれど、数年前ならいざ知らず、ここ数年はトルコ円(TRY/JPY)含め、金利差から発生する「スワップポイント」付与が激減して。

持っていたところで役に立たないなと思い、全てまとめて決済しました。

 

さようなら、FX。

 

2006年から約15年、一度もノーポジになったことはなかったと思う。

 

 

さようなら、FX。

 

一生忘れることはないけれど、もう二度と買わないよ。